おおぞら発電所
おおぞら発電所が発電する電気量は年間約1,837,111kWh
それはなんと約470世帯分を賄うことができます。
CO2削減量は年間約600tと環境にも優しいエネルギーです。


 「おおぞら発電所」送電開始  ‐平成26年3月31日‐

   ・平成26年3月28日 に 落成式及び起動セレモニーを行い3月31日より送電を開始しました。
■起動セレモニー
  左より、仙台市議会議員 岡部恒司様、国土交通大臣政務官衆議院議員 土井亨様代理 秘書 内藤良介様、
  鰍ィおぞら発電所 代表取締役 後藤栄一、テス・エンジニアリング 取締役 山本一樹様、
  宮城県議会議員 相沢光哉様、且オ十七銀行 常務取締役 神部光崇様 

    ■落成式

     ■全景写真
           
★宮城県石巻市雄勝町の店子商店街にパネル40枚を
 寄贈し発電した電力を商店街で利用して頂こうと
 考えております。
       ただ今、パネル準備中!


 「おおぞら発電所」送電準備中(まもなく送電開始)

   ・平成25年7月19日 に起工式を行い、仙台市青葉区芋沢にメガソーラー発電所建設開始。

   ・平成25年中 パネル設置のための用地造成工事を施工


   ・平成26年2月現在  送電開始をめざしパネル設置工事中

 概 要
発電設備設置場所 仙台市青葉区芋沢字向井寺西 地内

○太陽電池モジュール仕様
太陽光パネル S-ENERGY製 SM-245PC8(245W)
設備容量 1804.14kW (1.8M)
設置枚数 7,364枚
年間発電量 1,837,111Wh (一般家庭の470軒分)